家族葬という葬儀の方法は、冠婚葬祭の一つの結論

費用と流れ

最近では昔のように最初から最後まで一通り形式にならった葬儀を上げる人が減少しています。需要が高まっているのは家族葬や直葬などの葬儀方法です。
どうしてここまで葬儀の常識が変化したのかというと、お金の問題です。日本の葬儀費用は世界各国と比べてもとんでもなく高額になっており、最低でも300万円、それにくわえてお坊さんに渡すお金、そしてお墓、供養代金とまだまだお金がかかってしまいます。昔はご近所付き合いなどがありましたから、どうしても葬儀をしなければいけなかったのですが、最近では近隣との付き合いも薄くなり、親族や友人の関係も昔程に多く持たない人が増えています。
それにより、自然と葬儀をしても人が来ない、する必要性が感じられないというような状態になるのです。
これにより、家族葬などの簡単で安価な葬儀が人気となってきています。個人個人の資産や遺産も昔に比べれば少ない上に、一人っ子が増えたおかげで兄弟が協力しあって介護や葬儀に尽力することもできなくなってきています。
たった1人の子供の葬儀や介護の負担が全てのしかかる現実もあり、葬儀という形式だけの式にお金をかけていられない、または物理的にかけられないというような状態になっているわけなのです。

最近は一般の葬儀社でも直葬や家族葬の専門プランを準備しているところが増えていますし、お寺でも永代供養として一生面倒を見てくれるような場所が多くなっています。
中には自分の死んだ後のことを全て決めるエンディングノートを作っている人も増えていることから、葬儀のような習わしも昔と現代でまったく違うものになりつつあります。