家族葬という葬儀の方法は、冠婚葬祭の一つの結論

利用の流れ

家族葬ってどんなお葬式?

ひと昔前までは、お葬式となると、ご近所中の人たちや昔の上司や同僚、部下、同級生などが一堂に集まり、盛大に行われたものでした。
しかし、高齢化や少子化が進み、地域との繋がりが薄くなった昨今では、身近な人たちだけを集めた家族葬をするところが増えているようです。
家族葬とは、親族だけで行う小さなお葬式のことです。
メリットは、参列者が行列をなすことなく、故人とゆっくりお別れができること。
受付や返礼品の準備の必要もありません。
その一方で、家族葬を行う場合は、故人の友人やご近所にあらかじめ連絡し、了解を得ておくことが大事です。
さらに、香典収入でお葬式を賄えないこともあります。
家族葬は、今の時代の、お葬式の選択肢のひとつということです。

最後の別れは静かに……。多くの人が望む家族葬

一昔前は、友人や故人にゆかりのある人々を呼んで行う葬儀が一般的でした。
しかし近頃、葬式は家族だけで執り行いたいというニーズが増加し、家族葬という新たな葬式スタイルが確立されています。
中には、生前のうちに家族葬にしてほしいと頼む方もおり、その需要の高さが分かります。
家族や親族だけしか集まらないため気を遣わなくてもよい、故人との別れを他人に邪魔されることがない、価格がリーズナブルになるなど、家族葬のメリットは多いです。
家族葬を望む場合、事前に相談に乗ってくれる葬儀屋も増えてきています。
興味がある人のために説明会なども開催されており、誰もが利用しやすい葬儀形態として広まっています。
今後は、家族葬を専門にした葬儀屋や、家族葬に適した葬儀会館が開設されることが予想されています。