家族葬という葬儀の方法は、冠婚葬祭の一つの結論

最後の通過儀礼

誰もが通る道

人間が死んだら、葬式をする。これは、昔から今まで脈々と続く基本的な通過儀礼です。
誕生から終生まで誰もが人生において必ず通るイベントのことを通過儀礼と呼び、地方によって様々な文化が世界的に存在しています。
その中でも全世界的に共通しているのが、冠婚葬祭という、結婚式と葬儀という場です。
その中で最後の時間として欠かすことができない方法として、葬儀を行うことが大切です。
葬儀という時間は、故人を送り出すための目的があると同時に、現世に残った遺族や近親者が心の整理をつけるために大切な時間です。
最後の挨拶を済ませて、大切な故人が現世を去ることを受け入れるための準備をする。
そのために、葬儀は必ず行われるべきです。
宗教的な観点は別として、葬儀の存在意義はまず、遺族の心の整理にあります。

従来の方法との違い

葬儀を行うにあたって、家族葬という方法が今では主流になっています。
家族葬の特徴と、従来の方法における特徴とを比較すると、最も目立つのはその規模にあるといえます。
従前であれば、縁故知人や故人がお世話になった人を集めるような大規模な時間を過ごすことが一般的な葬儀の方法として行われてきました。
ですが、その方法は今では個人の状況にそぐわなくなってきている部分があります。
お通夜と告別式を合わせた葬儀全体の時間において、個人を弔いに来た参列者に対して挨拶をすることも、残された遺族に必要な対応です。
最も辛いはずの本人が、その辛さを押し隠して参列者対応をしないといけないことは、かなりの苦痛です。
そこで、家族という小さな単位と、本当に縁の深かった関係者だけを招いて葬儀を行える点から、家族葬という手法が現在では一般に浸透しています。
個人との時間を大切にするための葬儀を行う方法の一つの結論として、家族葬という方法は有用です。

記事一覧

  • 利用の流れ

    家族葬を検討するときに、どういった流れでその時間が進行していくのかを知ることは大切です。あらかじめどういった流れで行われるのかをわかっていれば、混乱した気持ちを抑えながら落ち着いて葬儀を進行させることにつながります。

  • 費用と流れ

    葬儀には色んな種類があります。最近では直葬等が人気があると言われていますが、故人とゆっくりじっくり、お別れが出来る家族葬もとても魅力的です。費用や流れなどを考えて選びましょう。

  • プランで選ぶ

    家族葬は故人との別れをきちんと行うことが出来る葬儀のひとつです。また、参列する人が多くないこともゆっくりと故人とお別れ出来るひとつの魅力とも言えます。業者によってプランが違うためよく見て選ぶことが大切です。

  • 検討する部分

    大切な家族との別れはとても悲しいですが、きちんと向き合っていかなければなりません。家族葬では故人との別れをきちんと行うことが出来る上にプランも様々ありますので、検討してみても良いです。